取り扱い霊園

取り扱い霊園の種類

霊園

公益法人(財団法人、社団法人)または、宗教法人がお寺の境内地以外で経営している墓地です。宗旨・宗派を限定する場合と宗教、宗派を問わない墓地の2種類にわかれ、、お墓のデザインや大きさなど自由に選べる霊園も多くなってきている。

寺院墓地

大抵の場合、お寺の境内地にあり、そのお寺が管理運営しています。
寺院墓地の取得には、そのお寺の檀家になるということが前提の場合が多くあります。
はじめて取得する場合には、あらかじめ、そのお寺のご住職にお寺の行事やお付き合いの仕方などよく聞いておくとよいでしょう。

永代供養墓・納骨堂

お墓の継承者のいない方や、ご自身の死後に子供や孫へ迷惑をかけたくないと考える方などが多く求められています。

公営墓地

原則として各市町村などが業務を行う墓地です。東京都にかぎり、明治時代に青山や雑司ヶ谷など6箇所に墓地を造成し管理するようになり、現在の都立霊園となりました。
公営墓地は、永代使用料、管理料などの費用が比較的安く、宗教が自由などのメリットがあります。しかし、取得に関して条件があったり、募集も随時行っているわけではなく、抽選による競争倍率も高いなど難点もある。

条件の例

応募の墓地の自治体に現住所がある。
お墓の承継者がいる
遺骨の有無など
条件は自治体により異なります

※当社では、公営墓地の応募代行のお取扱をしております。霊園により募集の有無がありますので、ご相談・お問合せください。お問い合わせはこちらからどうぞ